次世代RPA2.0 ソフトウェアロボット・フレームワーク「ROBOWARE」

組織の環境に合わせた業務プロセスの自働化を実現するためのソフトウェアロボット・フレームウェアです。

スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
続きを見るにはダウンロードお願いします。

サービス詳細

メリット

次世代RPAを実現するソフトウェアロボット・フレームウェア
近年注目されているRPA(Robotics Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)は、オフィス業務を中心に従来人が操作していた業務オペレーションをソフトウェアを用いて自動化します。たとえばアプリケーションやWeb上の画面等を認識して、あらかじめ決められた手順通りにソフトウェアが判断してマウスやキーボードの操作を自動的に処理し、業務効率のアップが図れます。ROBOWAREは、多種多様な業務に適用するため、「定型業務~非定型業務」、「小規模~大規模」まで現在使用中のシステムとの連携や企業に合わせた開発が可能です。

特徴・強み


  • コスト削減
    業務オペレーションの自動化により、効率アップしコスト削減ができます。

  • 安定稼働
    指示通りのオペレーションを自動化し、入力エラーによるミスが無くなります。

  • リソース活用
    単純作業から解放され、重要ポストへの異動や人手不足を解消します。

こんな方にオススメ


  • 内部業務を自動化することで効率化を図りたい自治体

主な機能
よくある質問
期待される効果
提供可能エリア
プラン・料金
PAGE
TOP