アルコール検知器「BS-ALCシリーズ」

一定数値以上のアルコールが検知された場合に、アラームやランプの色で通知する検知器です。

スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
続きを見るにはダウンロードお願いします。

サービス詳細

メリット


  • 「アルコール検知器の使用義務化」への備え
    2022年4月、安全運転管理者制度が改正され、安全運転管理者の業務に「アルコールチェック」が追加されました。これに伴い、安全運転管理者選任事業者に対し、運転者の酒気帯びの有無について目視等での確認と1年間の記録保存が義務づけられています。さらに、今後はアルコール検知器使用の義務化が予定されているため、事前に検知器を導入することで、義務化された場合にもスムーズに対応できます。

こんな方にオススメ


  • アルコール検知器を導入したい自治体

  • アルコール検知器の使用義務化に備えたい自治体

主な機能
導入実績
提供可能エリア
プラン・料金
PAGE
TOP