「LINE」を活用した行政のDXツール「KANAMETO(カナメト)」

自治体のLINE公式アカウントと連携して、住民とのコミュニケーションの課題を解決するLINE運用ツールです。セグメント配信、QAチャットボット、チャット相談など、自治体のLINE活用に必要な機能をオールインワンで提供します。

スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像
続きを見るにはダウンロードお願いします。

サービス詳細

メリット


  • 効果的な情報配信・収集
    月間利用者数9,300万人を誇るLINEを、自治体の総合的な広報・広聴媒体として活用できます。アンケート、セグメント配信、通報受付など便利な情報配信・収集機能を提供し、住民と行政のコミュニケーション活性化に結びつけます。

  • 職員の業務効率化
    FAQ(よくある質問)に自動応答するチャットボットを活用して住民の自己解決を促したり、LINEで予約の受付・管理をシステム化したりすることで、職員の工数削減につながります。

  • 情報配信の効果測定
    配信メッセージの開封率・URLクリック数やチャットボットログなどを確認でき、情報配信の効果測定が可能です。住民の利用データに基づいて、より利便性が高いLINE公式アカウント運用につなげられます。

特徴・強み


  • 機能拡張性
    自治体の広報・広聴に特化した機能・ソリューションを開発・提供しています。クラウドサービスである特性を活かし、今後も行政のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する様々な機能が追加されていきます。

こんな方にオススメ


  • LINEを自治体の総合的な広報・広聴媒体として活用したい自治体

  • 問い合わせ対応など、住民とのコミュニケーションが発生する業務を効率化したい自治体

  • 住民が求める情報を効果的に配信したい自治体

主な機能
導入実績
提供可能エリア
プラン・料金
PAGE
TOP