官民連携事例④ 今求められている災害関連情報伝達のあり方とは?

3割の自治体で、災害時の情報発信が課題に。


近年、自然災害が激甚化・頻発化している。例えば、熊本県を中心とする令和2年7月豪雨、令和4年6月の能登地方地震など、日本を襲う災害は枚挙にいとまがない。そんな中、自治体には、地域住民に避難勧告などの災害関連情報を伝える責務がある。


そこで、ある調査の結果を見てみよう。AI防災・危機管理ソリューション「Spectee Pro」を提供する株式会社Specteeが、自治体で防災・災害対応に従事する約1000人に「災害発生時に直面する課題」を複数回答可で尋ねたところ、「住民へいかに迅速に情報を伝達するか」36.4%、「適切なタイミングで避難指示を発出することが難しい」29.5%との回答が得られた。ここから、現場の職員が災害時の情報発信に課題を感じていることが分かる。


それでは、こういった課題を改善するため、自治体と民間企業はどう連携しているのだろうか。今回は熊本県八代市の事例を見ていく。


度重なる大災害で、災害情報伝達手段の必要性を痛感。


豊かな自然が魅力の八代市は、多くのリスクを抱えている。危機管理監の中武さんによると、日本三大急流の1つである球磨川の河口にあり、第一級活断層の日奈久断層が斜めに走り、約1260カ所の土砂災害特別警戒区域が広い地域に点在しているとのこと。


こうした災害リスクに対し、同市は様々な取り組みを進めてきた。しかし、同市は2町3村が合併して生まれたため、防災の仕組みが統一されていなかった。そこで防災システムを見直していた最中、平成28年に熊本地震が発生。最大震度6弱を記録し、本庁舎は使用できない状態に。本庁業務を分散して業務を継続していたが、令和2年7月豪雨が同市を襲った。


7月3日深夜の豪雨で球磨川が急激に増水。翌日の午前4時頃、市内の坂本地区に避難指示が出された。追い打ちをかけるように坂本地区の支所が水没し、防災行政無線と固定電話の回線が使えなくなり、同区との連絡手段は職員の携帯電話のみに。当時の災害情報伝達手段は防災行政無線とメールだったが、坂本地区では無線もインターネットも使えないため、住民へ情報を届けられなくなってしまった。この豪雨災害の経験から、強靭で多様な災害情報伝達手段を確保する必要性を同市は痛感したという。


住民が自分に合った手段を選べるよう、選択肢を多く準備。


そこで同市は、IP通信網を利用した防災情報配信サービス「@InfoCanalⓇ」を導入。同システムは、テキストデータを送信して受信側で音声に変換するため、送信データが格段に軽く、あらゆる端末へ一斉に配信でき、インターネット環境があればどこからでも情報配信が可能だ。また、スマホ利用者にはアプリ、携帯を持っていない人には戸別受信機など、配信先も豊富なため、どんな人でも情報を受け取れる点がメリットだという。


中武さんは「住民が自分に合った手段を選べる点が優れていると思います」と語る。さらに、危機管理課の小林さんは「地域によって、適切な情報発信方法は違うはずです。だからこそ住民目線で考えて、多くの選択肢から住民が適切なものを選べるようにしておくことが大事だと思います」と述べている。


自然災害大国の日本で、災害情報伝達の強化は必須。


国土交通省によると、日本列島には未確認のものも含めて多くの活断層が分布しており、全国どこでも地震発生の可能性がある。また、地球温暖化の進行に伴い、大気の気温が上昇している。これにより、大気中に含まれる水蒸気量が増え、降雨量が1〜3割増加することで、豪雨が高頻度化し、甚大な水害が発生するといった影響も考えられる。


自然災害による被害額が全世界の被害総額の2割以上を占めるとされ、今後も被害が予測される日本において、災害情報伝達の強化は喫緊の課題だ。しかし、対策は自治体だけで完結できないため、官民の一層の連携が求められる。


 


▼災害関連情報伝達に役立つサービス▼


防災情報伝達アプリ「Sアラートplus」
災害に強い自治体をつくる災害情報共有システム「迅速果断」
【高齢者やITが苦手な方におすすめの防災ITツール】防災すまっぽん!
関連サービスはこちら

パーティション取付型 双⽅向会話アシストシステム「kicoeri(キコエリ)」

ファーフィールドサウンド株式会社

飛沫感染防止用パーテーションを挟んで取り付けるマイク付きスピーカーです。

選択

スマート公共ラボ with LINE GovTechプログラム

プレイネクストラボ株式会社

「スマート公共ラボ」はテクノロジーをテコにして、自治体さまが少ない手間で嬉しい住民サービスを 実現するためのお手伝いをしています。

選択

現場の情報伝達を変える動画マニュアル「tebiki(テビキ)」

Tebiki株式会社

現場の職員が動画のマニュアルを簡単に作成できるクラウドサービスです。紙のマニュアルの「伝わらない」を改善し、現場の情報伝達を改善します。

選択

Al-RollCall

株式会社MIRAIt Service Design

アルコールチェックをクラウドシステムに連携し、なりすまし防止・直行直帰に対応したコンプライアンス強化を提供します。

選択

屋外設置の防犯カメラ・監視カメラ運用システム

アムニモ株式会社

オールインワンのゲートウェイで運用現場にやさしいカメラシステムを実現

選択

ビデオマネジメントシステム「Nx Witness」

アムニモ株式会社

カメラで撮影した映像の表示、録音、再生、検索を制御することのできる、映像を活用するための便利なソフトウェアです。

選択

【自治体業務を物流でサポート】行政向けロジスティクスのご紹介

佐川グローバルロジスティクス株式会社

佐川急便株式会社などで構成されるSGホールディングスグループの一員である佐川グローバルロジスティクスが、行政向けに物流面のサポートを提供します。

選択

AI活用型 自治体相談業務支援サービス「AI相談パートナー」

株式会社アイネス

相談業務の効率化・高度化をICT・AIで支援し、働き方改革や相談業務全般のDXを推進する、LGWAN接続サービスです。

選択

3人抱っこできる避難用抱っこひも

ラッキー工業株式会社

災害時、1人の保育士で最大3人の園児を避難させることができる抱っこひもです。

選択

【自治体オウンドメディアの立ち上げと運営をサポート】コンテンツマーケティングスイート「dino」

株式会社リボルバー

オウンドメディアの運営に最適なクラウドサービスです。会員機能を備えたメディアCMSを中心に、サイトの立ち上げ、記事制作、集客、SNS運用など、自治体のメディア運営をトータルでサポートします。

選択

【自治体も視覚にアプローチする時代へ】ビジュアルコンテンツ制作

株式会社シネマレイ

近年話題のXR、プログラムやWEB、3DCG制作撮影、映像撮影・編集、デザインまで、幅広いビジュアルコンテンツを制作します。

選択

【地域の魅力を発信する新たな方法】オンライン展示会プラットフォーム「POTPOT」

株式会社シネマレイ

自治体主催の物産展や展示会を気軽にWEBサイト内で開催できるプラットフォームです。

選択

【最新技術で研修の質を向上させる】安全教育・技術教育VR映像作成

株式会社シネマレイ

職員研修の効果向上・効率化のための完全オリジナルVRコンテンツをご提供します。

選択

大容量ファイルや機密性の高いデータを「簡単」「安全」に送信するファイル転送システム「eTransporter」

株式会社イーセクター

メール・Webブラウザでファイルを送受信できる脱PPAP対策システムです

選択

セキュリティもバックアップも一元管理「使えるクラウドバックアップ」

株式会社イーセクター

「使えるクラウドバックアップ」は、ランサムウェア対策/BCP対策として皆様が抱えるバックアップの問題を解決いたします。

選択

避難くん 避難用3人抱きキャリー

日本エイテックス株式会社

保育園などで0歳児を3人同時に保持して避難するための抱っこひも

選択

【行政手続きデジタル化を促進する】デジタル人材育成研修

KDDI株式会社

自治体が求めるデジタル人材の役割に応じ、eラーニング・集合研修ワークショップを提供します。

選択

【高齢者やITが苦手な方におすすめの防災ITツール】防災すまっぽん!

株式会社イーハイブ

「防災すまっぽん!」は、地域ごとの防災情報を1つの画面にまとめたサイトです。甚大化する災害の被害を最小限に防ぐための情報発信を実施できます。

選択

10年間の継続使用を実現するオールフラッシュストレージ Pure Storageの「FlashArray(フラッシュアレイ)」

株式会社ネットワールド

Pure Storageの「FlashArray」は、独自のデータ転送技術により、データの読み書き、およびアクセスの圧倒的な速さを実現しました。

選択

薬品冷蔵庫のワクチンを守るエキスパート「無停電電源装置(UPS)」

株式会社ビットストロング

無停電電源装置とは、停電などの電源喪失時、バッテリーによる給電へ瞬時に切り替えることで機器の停止を防止する装置です。予期せぬ電力喪失によるワクチン廃棄を防止する決め手となります。

選択

PAGE
TOP